帝塚山大學
News

2021年07月05日(月)

「特殊講義(アドバンスプログラムA)」で中小企業診斷士の仕事について學びました!

「特殊講義(アドバンスプログラムA)」(擔當:松木智子教授、水谷覚準教授)は、簿記や會計の専門的知識を基礎として、より実踐的なビジネス?スキルの習得を目指す3年生対象のアドバンスプログラムです。すでに多くの受講生が日商簿記検定2級に合格しており、現在は中小業診斷士1次試験「財務?會計」のテキストをもとに簿記や會計の専門知識をさらに深めつつ、グループワークやプレゼンテーションの能力も向上させています。 

7月1日(木)の授業では、中小企業診斷士としてご活躍されている 高松留美 様を講師としてお招きし、ご講演いただきました。講演では、中小企業診斷士の仕事內容について具體例とともに教えていただくことができました。なかでも、中小企業診斷士の仕事は「やろうと思えば大概できる」ということばが印象的でした。「人生100年時代」に、資格を活かして長く活躍できるキャリアのあり方を學ぶことができました。また、講演に続き実際の企業をモデルにした財務諸表分析のワークにも取り組み、日ごろの學びが実際のビジネスに直結していることを実感することができました。 

受講生からは、「実際に仕事でしていることを自分達でワークで體験してみて中小企業診斷士がどのような仕事か學ぶことができいい機會でした」、「話を聞くだけではわからない部分は実踐的なワークでもっと體験することができれば良いなと思いました」といった感想がありました。

草蜢社区在线观看免费下载